詰め物・被せ物

被せ物が取れたら応急処置はどうすれば良い?

被せ物が取れた時の応急処置はどうすれば良いでしょうか。今日は、被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)が取れた際、クリニックの受診前にすべきことについて、詳しくご紹介いたします。

被せ物が取れたらするべきこと

まず、被せ物が取れたらするべき大切なことは、慌てず落ち着いて対処することです。外れてしまった被せ物をそのまま落としたり、壊したり、紛失しないようにしましょう。口腔内から外れたタイミングが食事中か、歯磨きの前後かなどによって、ケースバイケースと言えるでしょうが、落ち着いて行動しましょう。

被せ物への応急処置は?

応急処置として挙げられる方法はこの4つです。

  1. 被せ物が取れた部分の歯で食べ物を噛むことはしないこと
  2. 被せ物や詰め物を変形させないように保管すること
  3. むき出しの歯に刺激の強い食べ物や飲み物を避けること
  4. 無理やりご自身で接着しないこと

被せ物が取れた部分の歯で食べ物を噛まないこと

被せ物が取れた後、取れた部分の歯は、むし歯などで削られた部分が露出しているリスクが高い状態です。エナメル質より柔らかい象牙質が削られている可能性が高く、再度虫歯になると更に奥まで進行してしまいます。トラブルを防ぐためにも、その部分の歯は使用しないようにしましょう。

被せ物や詰め物を変形させないように保管すること

被せ物や詰め物はぎゅっと指先に力を加えるだけで変形を起こします。外れたら丁寧に水で洗い、ティッシュで包むと捨てる可能性があるため、小さなケースに入れるとより良いです。歯医者さんへ通院する際に一緒に持参しましょう。

むき出しの歯に刺激の強い食べ物や飲み物を避けること

虫歯治療により歯のエナメル質が削られている可能性が高く、被せ物が取れた歯は刺激に敏感です。刺激を痛く感じる場合もあるため、熱い食べ物や辛い食べ物、冷たい飲み物や食べ物は控えましょう。

無理やりご自身で接着しないこと

歯科医院への通院する手間や時間、費用を惜しんで、ご自分で歯と被せ物を接着したり装着しようとしてはいけません。歯科用の接着剤でなければ、身体への安全性が疑わしいです。また、鏡でうまく見えないまま、ご自分で接着すると、周囲の歯や歯肉組織を傷つけることになります。必ず、歯科医師に接着してもらいましょう。

被せ物が取れた部分の歯みがきについては、予約までの間、通常の歯磨き(歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロス)を行い、汚れを取り除き、きれいなお口の状態にするよう注意しましょう。

被せ物が取れた原因とは

詰め物やかぶせ物が取れてしまう原因は主に3つありますのでご案内します。

  • 接着剤や金属が劣化した
  • 被せ物の下の歯が虫歯になった
  • 歯ぎしりや噛み合わせ等のお口の問題

接着剤や金属の劣化

保険適用で処置される銀歯などの金属の詰め物・かぶせ物やそれに伴う接着剤は、経年劣化し、段差が生じることがあります。自費治療の被せ物は、料金は高いですが、強度や審美性に優れています。そのため、トラブルが少ない材質です。

  • 保険適用の銀合金は唾液による金属が腐食し、イオン化が生じ、体内に蓄積するため金属アレルギーを引き起こす可能性があること
  • 保険適用の樹脂は歯科用プラスチックのため、吸水性が高い素材なので、虫歯を削った部分を覆う樹脂は、水を吸ってしまったことで、茶色く変色すること

被せ物の下の歯が虫歯

歯と金属に僅かな隙間が生じ、そこに虫歯菌(ミュータンス菌)が侵入すると、被せ物の下で虫歯になってしまいます。二次むし歯と歯科医院で呼ばれる状態です。通常の虫歯ならば、歯の表面の変色により感染したことに気づけますが、被せ物の下で虫歯が進行する場合は、痛みが出る、もしくは被せ物が外れることで初めて気づくという方も多いでしょう。神経(歯髄)までばい菌が進行しているケースも珍しくありませんので、注意が必要です。

歯ぎしりや噛み合わせの問題

被せ物を歯へ接着する際には特に問題がない方でも、精神的な問題で歯ぎしりや食いしばりが生じることがあります。それが癖づき日常的になった場合、噛み合わせの力により、被せ物が取れたり割れやすくなることがあります。

まとめ


被せ物が取れたら、なるべく早めに歯科医院のスタッフへ相談して予約し、通院を行いましょう。放置しておくと虫歯や歯周病の程度が重くなり口腔内の状態が悪化し、膿や口臭が強くなったり、取れた部分の歯根の抜歯という負担など身体の健康にも影響が出ます。被せ物は再作製になる可能性が高いですが、ご自身の今の歯列に合った被せ物を接着することで、噛める安心感は違いますのでおすすめです。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック