詰め物・被せ物

歯の詰め物の黄ばみが気になるけどどうすれば?

歯の詰め物で黄ばみが起きると白い歯が汚れていると思われるため、大きく口を開けたくないという方がおられます。詰め物がなぜ黄ばんで着色が起こるのか、どうすれば解決できるのかについて今日はご紹介いたします。

保険で歯の詰め物に使用される材質は?

通常、むし歯の治療で、歯の詰め物(インレー)を行うことはよくあります。保険適用内で診療した場合でご説明します。

初期むし歯ではなく、外部の歯に穴が開いている(脱灰)状態は、唾液の自浄作用等では治りません。虫歯の菌がエナメル質のみではなく、象牙質に達している可能性があります。その場合、歯科医師が細菌感染をしている虫歯の部分をすべて削り、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックや銀で、歯に詰め物を行います。

更に進行し、歯の神経(歯髄)にまで細菌が及んでいれば、歯の神経を取り、根管治療という治療法が必要となります。痛みや口臭のもとになる膿を取り除き、歯の神経が入っていた部分を丁寧に薬剤で洗浄し、薬剤を詰めて仮蓋をするという治療を繰り返し、歯の中を綺麗にします。

詰め物の黄ばみの原因は?

  • わずかな期間で黄ばみを起こしてしまった
  • 詰め物の目立ちが気になる

このようなお悩みの方に、コンポジットレジン(CR・レジン)の特徴をご案内します。レジンは、ペースト状のものを直接歯に付けて、LED照射器で強く固める詰め物です。一般的に虫歯治療以外にも、歯の隙間を埋める材料としても使用されます。

歯科用樹脂(プラスチック)のため、装着した当初は銀より目立たないですが、吸水性があるという性質を持っています。そのため、時間の経過とともに摩耗し、水を吸って変色し、濃い茶色になります。強度や固さが天然の歯と比べて劣るのがデメリットで、広い範囲の虫歯や噛み合わせの力がかかる奥歯に使用できません。

また、飲み物でコーヒー、お茶、赤ワイン、食べ物でカレーなど色素の多い飲食物を毎日摂取している人も、歯の白さが失われステイン汚れや黄ばみの原因となります。タバコを吸う喫煙習慣がある人も同じで、ヤニが頑固な着色汚れとなります。

歯の詰め物の黄ばみを無くす解決法

歯の詰め物の黄ばみを防ぐためには、色素の強い飲食物を食べた後すぐに、歯磨き粉で歯磨きを行うと効果的です。それにより色素の成分を落とすことができ、着色しにくいお口になります。ただ、医院で定期的に行う検診で、ご自身では落とすことのできない歯石の除去も行ってもらいましょう。

天然の歯はクリーニング後にホワイトニングを行うと効果的です。ホームホワイトニングならば、自宅でマウスピース型のトレーに薬剤を入れ装着するのみのケアです。ただ、詰め物の部分や人工歯は白くなりません。

そして、歯の詰め物の黄ばみを無くす解決法が、自費治療です。費用は高くなりますが、耐久性などの効果や見た目の維持が長くできるのがメリットです。詰め物の部分については、下記への変更をおすすめしております。

  • ダイレクトボンディング
  • ラミネートべニア
  • e-max

ダイレクトボンディングは、歯を削らずにコンポジットレジンを盛る治療法です。コンポジットレジンを使用するため、経年劣化します。

ラミネートべニアはつけ爪のようなもので、少し歯の表面を削り、白い詰め物を入れます。セラミックを接着するので、変色はせず白いく美しい歯になります。

ゴールドは古くから使用されていて詰め物としての強度があります。ただし、金は見た目が悪く審美性に欠ける点と、自費診療となるため料金が高いという点がデメリットです。

e-maxは、2009年より使用されるようになった素材です。専門的には二ケイ酸リチウムガラスセラミックスと呼び、強化ガラスセラミックを高温で溶解するので、複雑な歯の形に合わせることが可能です。ただし、支台歯の色合いを透過するため、金属支台の歯(メタルコア)には審美性の面で不向きです。

まとめ

歯の詰め物の黄ばみが気になる方は、審美歯科のある歯科医院の無料カウンセリングでご相談ください。お悩みやご希望をドクターやスタッフがお聞きし、改善するための治療計画を提案いたします。白い歯を持続すれば、患者様の笑顔の魅力や印象がより増すと当院では考えております。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック