インプラント

インプラントができない人は?

インプラントができない人は?

インプラントができない人はどのような特徴があるのか、インプラント治療が出来ない人へ他の治療法があるのか、それぞれについてご紹介します。

インプラントとは

インプラント治療は、失われた歯を補うために行う義歯治療の一つです。インプラントは、顎骨に埋め込まれるチタン製の人工歯根を使用し、その上に連結部分を付け、人工の歯冠を取り付けることで自然な歯の機能と見た目を再現します。他の義歯治療と比べて、残存歯を削ったり支台歯にする必要がなく、ダメージや悪影響を与えません。顎骨へ人工歯根を埋入するため、咀嚼の刺激が顎骨へ伝達し、顎骨の退縮を防げて口腔全体の健康を保つことが可能です。

インプラントができない人の特徴

インプラント治療は、全ての患者さんに適応するわけではありません。下記の特徴がある方は、インプラント治療自体が難しい場合があります。

骨の不足

インプラントを支えるためには、十分な顎の骨量(厚みや高さや質)が必要です。骨が不足している状態でインプラントを埋入するとインプラントが安定せず、他の炎症を引き起こす可能性があります。

骨量が不足している方は骨を作る治療をする

骨量が不足している方は、ソケットリフト、サイナスリフト、GBRと呼ばれる骨を作る治療を行う必要があります。インプラント治療に十分な顎の骨を作る治療法は、上顎か下顎かによって異なり、また骨の治療に約1年程度かかる方も多く、骨量がある方に比べると治療期間が延びます。

重篤な全身疾患

心臓病、糖尿病、骨粗鬆症などの全身疾患がある場合、治癒過程に影響を与える場合があります。服用している薬も一時中断しなければインプラント治療を行えません。これらの疾患をコントロールされていない場合、手術自体がリスクを伴うことがあります。治療前にかかりつけの医師と十分に相談し、許可をもらったうえで治療を行うことが全身状態のためにはとても大切です。

生活習慣

生活習慣はインプラント治療に影響を与えることがあり、特に以下の生活習慣がある方は注意が必要です。

喫煙

喫煙は血流を悪化させ治癒を遅らせるため、人工歯根を埋入した後の顎の骨との結合が難しくなります。たまたま顎骨とインプラントを結合できても、インプラント周囲炎(インプラントの周りに起きる歯周炎のような症状)を引き起こすリスクが非喫煙者よりも高くなります。口腔環境のリスクを下げるためにもインプラント治療を受ける前は禁煙プログラムへ参加することをおすすめします。

アルコール依存症

アルコールは免疫力を低下させ、感染リスクを高めるため、インプラント治療に影響を与えます。長期間のアルコール摂取は骨の健康を損ない、インプラントの定着を妨げます。アルコール依存症の患者は、まず依存症の治療を行って健康を回復させてからインプラント治療を行いましょう。

口腔内のトラブル

口腔内の健康状態もインプラント治療に大きく影響します。

歯周病

歯周病が進行している場合、インプラントの周囲の組織が健康でないため、安定しません。歯周病の治療を先に行い、歯肉を健康な状態に戻してからインプラント治療を行う必要があります。歯周病が改善されない場合はインプラントの安定性が確保できないため、インプラント治療ができないことがあります。

不正咬合

噛み合わせに問題がある場合、インプラントに過度な負担がかかり、動揺や脱落のリスクが高まります。歯列矯正をして噛みあわせを改善した後に行うとインプラントが安定します。噛み合わせの問題が解決されない場合、インプラントが長期間にわたって機能しない可能性があります。

年齢

年齢や成長段階も、インプラント治療において重要な要素です。

成長期の子供

顎骨がまだ成長途中の子供には、インプラントは行いません。そのため、子供には将来のインプラント治療を見据えた一時的な治療法が選ばれることがあります。成長期が終わるまで適切な歯科ケアを続け、口腔内の健康を維持することが重要です。

高齢の方

高齢者でもインプラント治療は可能ですが、全身の健康状態や骨の質を確認することが重要です。高齢者は新陳代謝の低下などから骨の再生能力が低下していることが多いため、治癒期間が長くなる可能性があります。高齢者の場合、インプラント治療の前に医師と相談し、全身の健康状態を評価してから治療を進めることが推奨されます。

インプラントができない人の他の治療法

インプラント治療が難しい方には、他の義歯治療があります。

ブリッジ

失われた歯の両隣の歯を大きく削って支えにし、連結した人工歯を被せて固定する方法です。保険適用が可能で見た目は綺麗になりますが、支台歯に欠損部分の歯の力がかかるため、支台歯へのダメージが大きいです。

入れ歯

取り外し可能な義歯で部分入れ歯や総入れ歯を装着するという方法です。保険適用内の部分入れ歯の場合、支台歯に金属をかけるため、ダメージがかかります。

まとめ


インプラント治療は多くのメリットがありますが、全ての人に適用できるわけではありません。骨量不足、全身疾患、生活習慣、口腔内の健康状態、年齢など、様々な要因が治療に影響を与えます。インプラントが難しい場合でも、他の治療法を選ぶことで、健康な口腔環境を維持することが可能です。専門医との相談を通じて、自分に最適な治療法を見つけることが重要です。

この記事の監修者
医療法人真摯会 クローバー歯科・矯正歯科 あべの天王寺院
院長 永井 伸人

徳島大学 歯学部卒業卒業。日本口腔インプラント学会。日本顎咬合学会。

▶プロフィールを見る

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック