入れ歯

入れ歯にしようか不安で迷っているのですが?

入れ歯にしようか不安で迷っているのですが?

歯を失った時、治療を伸ばし伸ばしにしていませんか?入れ歯での治療を迷っておられる方へ、入れ歯の治療についてご説明します。

歯を失ったまま放っておいてはダメな理由

歯を失ったまま放っておいてはダメな理由

歯が数本なくても、確かに日常生活は送れます。ですが、歯は上下左右に支え合う力が常に働いているため、歯が欠損して出来たスペースはいつまでも今の状態ではありません。1本でも歯がなくなってしまうと、隣の歯や噛み合う相手の歯が、どんどんバランスを失ってしまいます。

左右の歯は欠損したスペースに向かって傾いていき、向かい合っていた歯は支えを求めて、歯ぐきから浮き上がってきます。これらの変化は急激に起こる場合と、時間をかけて徐々に起こる場合があります。

すぐには問題がなくても、着実に歯のズレは進んでいき、やがて全体的な噛み合わせや見た目にも多大な悪い影響を及ぼすことに繋がっていきます。

現時点では大して困っていなくても、将来的に大きな問題にならないとも限りませんので、すぐに欠損したスペースを埋めるための治療を受けられるよう、おすすめします。

入れ歯は様々な種類があって着け心地も違う

入れ歯は様々な種類があって着け心地も違う

入れ歯には様々な材質、形状のものがあります。より快適な入れ歯をつくれるよう、歯科医師としっかりと話し合ってお選びください。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯・・1本~数本の歯を失った方への入れ歯

総入れ歯・・全ての歯を失った方向けの入れ歯

保険適用の入れ歯

保険の入れ歯 失った歯の両隣の歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定する。銀色のバネが見えるため敬遠されがちだが、保険適用で費用が安いという大きなメリットがある。

金属床義歯

強度がきわめて高く、変形の心配がない入れ歯。薄く作れるため異物感がかなり少なく、熱伝導にも優れているため食事の温度が伝わりやすく、おいしさを味わえる。
※金属アレルギーの方には使用できない

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

歯肉と同じピンク色の歯科用樹脂でできた、バネ(クラスプ)がないタイプの入れ歯。装着時の違和感が少なく軽くて丈夫な入れ歯。当院ではスマートデンチャーという商品名の入れ歯を扱っています。

入れ歯と歯のすき間が狭いため、食べ物が詰まりにくい。女性に人気が高い入れ歯で、今より快適な入れ歯に変えたいという方にもおすすめ。
※残っている歯の状態によって使用できない方もいます。

磁石の入れ歯

装着と取り外しがしやすく、お手入れが楽な入れ歯。入れ歯と歯根部分の双方に小さな磁性金属を取り付けて、磁石の力でぴったりと安定させることができる。
※心臓ペースメーカーの人には使用できない。
※MRI検査等をうける時は担当者に必ず伝えてください。

ロケーター義歯

インプラントで支える入れ歯。部分入れ歯・総入れ歯どちらも対応可能。外れにくいためグラつく心配がなく、しっかりよく噛める強度と審美性に優れている。バネをかけるよりも歯への負担が少なく、通常のインプラント治療より費用も抑えられる。

快適な入れ歯生活の為に入れ歯使用開始時にチェックすべきこと

入れ歯は、技工所から届いて患者さんのお口に入れたら治療が終わり、ではありません。そこから患者さんのお口にぴったり合うように、調整が必要になります。

具体的には、左右で噛んだ時に違和感がないか、入れ歯が当たって痛みを感じる場所はないか、頬の内側を噛んでしまったりしないかなど、様々な面からチェックし、違和感や痛みが消えるように入れ歯の形を調整していきます。

また、鏡で見た時に入れ歯の歯が大きすぎたり小さすぎたりしないか、色が極端に違っていないか、周囲の歯とのバランスも大切です。

入れ歯の着脱にも慣れて頂く必要があります。入れ歯をつける度に吐き気や違和感がひどければ、せっかく作った入れ歯を全く使わなくなってしまうからです。

入れ歯のお手入れについて

入れ歯

入れ歯のお手入れは、コップに水と洗浄剤だけでは不十分です。洗浄剤には、殺菌・消毒・消臭効果はあっても、こびりついたプラーク(歯垢)などの汚れを落とす作用はありません。

まず、外したら、義歯専用ブラシで入れ歯をしっかり磨いてください。汚れが落ちていない入れ歯を使い続けていると、口臭・口内炎・虫歯・歯周病などの原因にもなり、増殖した細菌がさらに大きな病気を招く危険性もあります。

きれいに入れ歯をブラッシングした後、入れ歯洗浄剤を使用してください。寝る時は外しておきます。お口の中の入れ歯が当たっていた粘着部分も休めてあげる必要があります。

まとめ

シニアのイメージ

歯を失ってから思うように噛めなかった方が入れ歯などの治療で噛めるようになると、元気がわいてきます。これは、噛むことで顎の骨から脳に刺激がいき、脳の血流が増加するからといわれています。

せっかく噛めるようになっても噛み合わせがずれたままでは、肩こりや頭痛、腰痛などの症状が出る可能性があります。左右でバランス良く噛むことは、全身の健康にも深く関わっていますので、ぜひ入れ歯で正しい位置で噛めるようになっていただきたいと思います。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック