予防歯科

キシリトールの効果・ガムを噛めば歯は強くなる?

キシリトールの効果・ガムを噛めば歯は強くなる?

「キシリトールの効果は?」「ガム噛めば歯は強くなるって本当?」などご質問をいただくことがあります。今日は、キシリトールが歯に及ぼす影響、キシリトール配合のガムの違いについてもご紹介します。

キシリトールは効果本当にある?

歯に良いと言われるキシリトールですが、本当に効果があるか、考えた事はありますか。

キシリトールとは、キシロースと呼ばれる糖から合成された糖アルコールの一種です。自然界に存在し、カバノキから発見されたもので、砂糖の代用にもなる甘味料の一種です。そのようなキシリトール成分が配合されたガムがキシリトールガムです。

キシリトールガムの特徴を挙げます。

  • キシリトールガムを長い時間噛むと唾液の分泌を促し、唾液の役割である自浄作用を活発化し、お口周りの筋肉(咀嚼筋)を鍛えることができる
  • ミュータンス菌がキシリトールを摂取しても、酸を生成しない働きがあり、歯を溶かすリスクが減る
  • 日常生活で継続してガムを噛んでいると、虫歯の原因になる細菌の繁殖を減少させることができる

キシリトールのガムで歯は強くなる?


では、市販のキシリトールガムで歯の強さが改善するのかと言われれば、答えはいいえでしょう。なぜなら、ドラッグストアやスーパー、コンビニなどで一般的に売られているキシリトールガムには、キシリトールに加え、糖分が使用されているからです。

虫歯の菌の餌になってしまう糖分も含有されているため、虫歯予防の効果をより高めたい方、歯質を強くしたい方には、歯医者さんで専用に販売されているキシリトールガムをおすすめします。歯が生え始めたお子様のおやつにすると、歯の質をより強くすることにつながります。

糖分は使用されず、100%キシリトールの甘味料で作られています。歯科医院専用のキシリトールガムには、フッ素やリン酸カルシウムが多く含有されていて、歯のエナメル質をより強化できます。

通常の市販品のキシリトールガムより料金が高いという点です。量を多く食べ過ぎると下痢になる可能性があります。

効果的なキシリトールの摂取方法

キシリトールガムの効果をより良くする摂取方法としては、食後にすぐキシリトールガムを噛むことをおすすめします。食べ物や飲み物が口腔内に入ることで、お口の中は酸性に傾いています。むし歯菌が働きやすい酸性の状態のお口を早く中性に戻すために、キシリトールガムを噛みましょう。

  • キシリトールを1日3回食後すぐ
  • 3ヶ月以上習慣づける

この習慣で虫歯になりにくいお口の環境になります。

キシリトールガムを噛んでいるから大丈夫と歯磨きをおろそかにしてはいけません。キシリトールガムは歯磨きと別物です。ガムを噛んだ後は、しっかりと歯ブラシで歯みがきを行いましょう。

まとめ

キシリトールのガムを噛んでいるので、歯垢(プラーク)が歯の表面に付かないというわけではありません。ご家庭では、歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシでオーラルケアを行い、定期的にクリニックを受診することが大切です。歯科衛生士のメインテナンスで口臭や歯周病のもとになる歯石を除去し、歯をクリーニングで衛生的に保ちましょう。お口のお悩み(歯並びや正しい歯磨きの方法など)がありましたら、歯科医師かスタッフへ遠慮なくご相談ください。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック