こども

子供が酸蝕症といわれたけど虫歯とは違うの?予防方法は?

子供が酸蝕症といわれたけど虫歯とは違うの?予防方法は?

食べ物や飲み物の酸で溶けた歯のことを酸蝕症、酸蝕歯などと呼びます。健康の為に良いと思って摂取している食物が実は歯に悪いこともありますので、ご説明します。

虫歯と酸蝕歯は違うの?

虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯を引き起こす細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖を分解して酸を作り出し、その酸によって歯が溶かされた状態をいいます。虫歯が起こるのは歯の一部分で、汚れがたまっている場所やたまりやすい場所に出来やすいです。

酸蝕歯は、歯が酸性の食べ物や飲み物に晒される頻度や時間が多いことで、虫歯菌がいなくても酸で歯が溶けてしまう状態(脱灰)をいいます。酸蝕歯は虫歯と比べて広い範囲に起こり、年齢にも関係なく、4人に1人に酸蝕歯がみられるといわれています。

酸蝕歯になりやすい人、なりにくい人は?

歯の構造

歯の表面は硬いエナメル質に覆われていて、酸から歯を守っています。しかしエナメル質は厚い人と薄い人がいて、エナメル質の硬さにも個人差があります。そのためエナメル質の薄い人、弱い人は、酸蝕歯になりやすく、一旦歯が溶け始めると進行も早いといえます。

虫歯になっている部分も酸によって溶けやすく、虫歯の進行が早まりますので注意が必要です。

酸蝕歯の原因は?

柑橘類

子供の酸蝕歯の場合、酸性の飲料を多く摂取しているとことが酸蝕歯の原因になっていると考えられます。市販されているジュースなどの飲料のうち、73%がエナメル質を溶かす酸性度を超えているといわれています。

スポーツ飲料、ミカンやレモンなど柑橘類のジュース、炭酸飲料は、酸性・アルカリ性を示すペーハーが約pH2.0~4.0となっており、しかもこれらの飲料には糖が多く含まれていますので、虫歯の発生も同時に起こっている可能性が考えられます。

また、健康に良いとされているお酢を含んだドリンクも酸蝕歯を引き起こしやすいので、毎日飲むのは歯にとって危険です。

食べ物にも酸性の食品が多く、パンやパスタ、チーズ、ナッツなども酸性に含まれます。

ながら飲みは酸蝕歯や虫歯になりやすい

ジュース

酸蝕歯の原因として特に多いのが、酸性度の高い飲料を飲む頻度が高く、しかも一度に飲んでしまわずに何度にも分けて飲む「ながら飲み」をしているということです。歯が酸に晒されていることが多いため、酸で歯が溶けるリスクが高まります。

また、オレンジやレモンなどの柑橘系の果物を前歯で齧って食べる方、もずくなどの酢の物を前歯で酢する方も要注意です。前歯を使って食べるのは、酸っぱいのと、お口の中に刺激が広がるのを避けるために本能的に行っているのかもしれません。

歯が酸に晒される頻度が多いと、唾液によって酸を中和して溶けたエナメル質を修復する再石灰化の作用が、歯が溶ける速度に追いつきません。そのため酸蝕歯になりやすい状態になります。

酸蝕歯と診断されたらどうしたらいい?

酸蝕歯の疑いがある場合は、まず酸性の飲み物を日常的に飲んでいる場合は、その飲み物を一旦やめてみましょう。酸性の強くない飲み物に変えて、酸蝕歯が改善するかどうか様子を見ます。

酸性の高い飲み物を飲む場合は、だらだら飲まずに、一時に飲んでしまうようにしましょう。その後、水を一杯飲んでお口の中を中和すると良いでしょう。歯磨きする場合は、酸によって歯の表面に脱灰が起こっているため、30分程度たってから行います。

脱灰がひどく、歯の表面が白く濁ったように見える場合は、歯科医院でフッ素塗布を受けるか、セルフケアの際にフッ化物ジェルなどの高濃度のフッ素含有のものを使うと、ある程度エナメル質の修復が可能です。

しかし重度の酸蝕歯で、痛みがひんぱんに起こる場合は、レジンでコーティングするなどの治療が必要になります。

酸蝕歯にならないために気をつけるポイント

酸性の食品はかなり多く、様々な酸性の食品を飲食されていることと思います。以下のことに気をつけて、酸蝕歯にならないように気をつけましょう。

  • 酸性の飲食物は長時間口に入れたままにしない
  • 酸性のものを飲食したら水ですすいでお口の中を中性にする
  • 酸性の飲料を飲むときはストローを使うと歯に直接触れない
  • 酸性のものを飲食した後は30分ほどしてから歯磨きをする

まとめ

子供の酸蝕歯

お酢のドリンクは一般的に健康にいいといわれているので毎日飲んでおられる方もおられると思いますが、酸性度が強く歯にダメージを与えますので、常飲しないことをおすすめします。

酸性のものを飲食した場合は、その後、お水を一口飲むことでお口の中を中性に戻すことが出来ます。歯がしみる場合は、原因をはっきりさせる必要がありますので、まずは歯科医院にご相談ください。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック