こども

フッ素洗口剤って子供も使用できる?

フッ素洗口剤って子供も使用できる?

お子さんの歯について「歯のケアはどう行えば効率がいいかな」と悩む保護者もおられるでしょう。

子供の歯磨き事情

痛い思いをしてほしくないという親心や、通院に連れていく時間がないという事情から、当然ながら病気やケガは避けたいところです。歯科医院へ行かないといけない場合、歯科医師が虫歯を削る音や他の人の表情で、お子さんが大泣きするのをよく見かけます。一般的にある程度事情が理解できる学童期ならば大丈夫でしょうが、幼児はすべてを理解することが難しいですし、歯磨きにゆっくりと時間をかけられない方がほとんどでしょう。

フッ素とは

フッ素洗口液とはフッ素が配合されたフッ化物です。フッ素とは自然環境の中に広く分布しており、海や川などの水や食べ物にも存在します。鰯や大根などにもフッ素は含まれており、食事の際にフッ素を体内に取り入れています。過度にフッ素を摂取した場合は、急性中毒を起こしますが、大量に取り入れない限りフッ素は安全です。

フッ素洗口液は子供も使える?

フッ素洗口剤は、子供でも使用できるタイプがあります。市販品ではフッ化ナトリウムを配合した低刺激の洗口液です。種類によって異なりますが、市販品の使用方法は、一日一回ブクブクうがいでフッ素洗口剤を口に含み、吐き出します。その後にお口を水ですすぐことは行いません。

液体タイプのため、様々な箇所にいきわたり、尚且つすすがないので、口腔内にフッ素がとどまります。通常、初期の虫歯(C0)のケースならば、ミュータンス菌が溶かし(脱灰)白くなった虫歯を、フッ素が固く白い歯(再石灰化)になるように促します。乳歯のお子さんの場合、エナメル質が永久歯と比べて柔らかいので、むし歯が進行しやすいです。

子供と楽しくうがいしよう

お子さんに習慣づける場合、フッ素洗口液は、食後や、就寝前のタイミングで行いましょう。眠っている間は、お口に細菌が増えてしまいます。就寝前に行い寝ると、フッ素がとどまるため、お口の健康を保ちやすいおすすめの方法と言えます。

起床後は朝食を食べる前にぶくぶくうがいを行うとより良いです。水で構いませんので、うがいをすると繁殖した雑菌を洗い流す効果があります。お子さんが嫌がる場合、一緒に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

注意点として、食後に歯磨きを行ったうえでフッ素洗口液でお口を洗浄しましょう。フッ素洗口液は液体歯みがきと異なり、それのみでオーラルケアを行ったことにはなりません。

歯ブラシでのブラッシングやフロスでケアを行い、フッ素洗口をすれば、お子さんは歯を長く保ちやすい口腔環境になります。ただ、歯石はご自身で除去することはできません。クリニックへ定期的通院し、専門のスタッフにクリーニングをしてもらいましょう。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック