虫歯

虫歯になりやすい人の特徴ってありますか?

虫歯になりやすい人の特徴ってありますか?

虫歯には「なりやすい人」と「なりにくい人」がいます。その特徴についてご説明します。虫歯になりやすい・なりにくいは、毎日の生活習慣の僅かな違いによって起こります。逆にいうと、ほんの些細な改善で虫歯の予防が可能になります。

毎日歯を磨いていても虫歯になるのはどうして?

殆どの方が毎日2~3回の歯磨きをしているという調査結果があります。しかしきちんと歯を磨いていても虫歯になってしまう、虫歯になりやすい人がいます。どういう方が虫歯になりやすいのでしょうか?

虫歯になりやすい特徴1 唾液の量が少ない

唾液はお口の中の健康に重要な役割を担っています。唾液の機能には「歯の再石灰化」、「自浄作用」、「抗菌作用」などがあり、どれも虫歯予防に欠かせないものです。

しかし、疲れがたまったり悩み事でストレスが大きくなったり、常用しているお薬の服や作用や加齢によっても、唾液の量は変化します。

様々な理由で唾液の量が減ると、唾液の機能が十分に発揮できずに虫歯にかかりやすくなってしまいます。

虫歯になりやすい特徴2 虫歯菌の数が多い

お口の中に虫歯の原因となるミュータンス連鎖球菌がたくさんいると、それらの細菌が歯垢の中の糖分を栄養にして作り出す酸の量も増え、歯が溶かされて虫歯になるリスクが高くなります。

虫歯になりやすい特徴3 過去に虫歯治療した箇所がたくさんある

虫歯治療をすると、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をします。これらの詰め物・被せ物と天然の歯の間には隙間が出来やすく、歯垢がたまると細菌が繁殖しやすくなります。

そこにラクトバチルス菌という細菌が棲みつくと、虫歯を悪化させてしまいます。このラクトバチルス菌は腸内では善玉菌に分類されるのですが、お口の中では虫歯を悪化させる働きをします。

虫歯になりやすい特徴4 歯磨きが不十分で歯垢(プラーク)が取りきれていない

毎日歯磨きをしていても、歯と歯の間や歯と歯茎の間に歯垢がついたままになっていると、
その部分に細菌が棲みついて虫歯になってしまいます。

歯ブラシの毛先がきちんと細部にまで当たっているかを調べるには、プラークチェッカーと呼ばれる歯垢の染色剤を使います。

このお薬を使うと、歯垢がついている部分は赤く染まりますので、普段から磨けていない部分がはっきりとわかります。プラークチェッカーは歯科医院やドラッグストアで販売されています。

虫歯になりやすい特徴5 間食が多い

間食が多い方は、歯に歯垢がたまりやすい状態になります。虫歯は、虫歯菌が歯垢の中の糖をエサにして酸を作り出して、酸によって歯が溶けることで起こります。

つまり、しょっちゅう間食(甘い飲み物も含む)していると、歯が溶かされる時間が長くなり、虫歯が悪化しやすいということになります。

まとめ

虫歯と女の子

虫歯になりやすい人となりにくい人の生活習慣の違いがおわかりになりましたか。歯磨きをしていても虫歯になってしまうのは、以上の5個の虫歯になりやすい特徴に原因があります。そのため、虫歯になりにくい生活習慣に変えるには、以上の5個の特徴の逆のことを心がければよいということになります。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック