歯と口のトラブル

歯に食べ物が詰まるのは口腔内の原因?

歯に食べ物が詰まるのは口腔内の原因?

毎回、歯に食べ物が詰まる場合は、口腔内の原因による可能性が大きく考えられます。

歯に食べ物が詰まる原因

歯に食べ物が詰まるという経験は一般的によくあります。えのき、ねぎ、水菜、ごまなどの野菜や、鶏肉などの肉の繊維は、歯に挟まりやすい形状であったり、噛んでもなかなか細かくならないという理由はあるでしょう。ただ、食事を摂るたびに食べ物が歯に詰まるという方の場合は、口腔内の環境が原因です。

主に食べ物が詰まりやすい箇所は、歯と歯の間、そして歯と歯肉の間が考えられますが、なぜ歯に食べ物が詰まるか原因を挙げていきましょう。

原因その1:すきっ歯などの歯並び

すきっ歯とは一般的な呼び方で、歯と歯の間(歯間)に隙間があることです。専門的には正中離開と呼びます。歯と歯が接することが本来の理想の歯並びですが、それ以上に離れているため、食べ物が入り込んでしまう隙間があります。それにより、食べ物が詰まる原因となります。

原因その2:虫歯になった

歯と歯の間が虫歯になる事はよくあることです。何故なら、歯間は歯磨きの際に、汚れを落とすことが難しいからです。歯ブラシだけではなく、フロスや歯間ブラシを使用しない限り、しっかりオーラルケアを行ったとは言えません。

食べかすを餌にして虫歯菌は(ミュータンス菌)糖を排出します。糖が付着すると歯のエナメル質が溶け出す為、歯と歯の間に隙間が空き食べ物が詰まるという原因になります。

原因その3:歯周病になった

歯周病菌による感染で歯周病は引き起こされます。歯周病になると、歯肉がやせて退縮し、歯槽骨も溶けてしまいます。それにより、歯と歯肉の間が開き段差もできるため、食べ物が詰まるという原因になります。

原因その4:歯ぎしりなどで歯が動いた

歯は強度があるため動かないと思われがちですが、唇や頬、舌の動きなど様々な力により位置を保っています。よって、歯ぎしりや食いしばり、舌を出すなどの癖を行うと、歯は動きます。正常ではない箇所に歯が動き、歯並びが乱れると、食べ物が詰まる原因となります。

歯並びがガタガタ(叢生)したり、出っ歯(前突)などの不正咬合の歯列の患者様は、食べ物が詰まるというお悩みも併せて挙げられがちです。

まとめ

三度の食事で食べ物が歯に詰まると、その後のケアを考え、食事が楽しくなくなります。いずれかの原因に心当たりがある場合、一度クリニックへご来院くださればと思います。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック