審美歯科

全部真っ白いセラミックの歯にしたい

全部真っ白いセラミックの歯にしたい

歯の見た目を美しくしたいという希望を持つ患者さんの中には、セラミック治療を選ぶ方も大勢おられます。しかし、セラミック治療は単に見た目を美しくするだけのものではありません。セラミック治療において考慮すべきポイントについてご説明します。

セラミック治療を希望する理由

歯

真っ白いセラミックの差し歯にしたいと思う理由には、以下のようなものがあります。

1. 美しい見た目

セラミックの差し歯は自然の歯に非常に近い透明感と輝きを持ち、見た目が美しいです。特に、真っ白なセラミックは非常に美しい仕上がりになり、笑顔に自信を持つことができます。歯の色や形に自信を持てないことから、美しい歯を手に入れるためにセラミックの差し歯を選ぶ方は多いです。

2. 長期的な耐久性

セラミックは非常に硬く、摩耗に強いため、長期間にわたって使用できます。他の素材に比べて歯の色が変わりにくく、表面に汚れも付きにくいため、見た目の美しさを長く保つことができます。

3. 健康的な口腔環境

セラミックは生体適合性が高く、アレルギー反応を起こしにくい素材です。また、表面が非常に滑らかで、歯垢や細菌が付着しにくいことから、虫歯や歯周病のリスクを低減することができます。口腔内の健康を維持しやすいという点も、セラミックを選ぶ理由となります。

4. 自然な仕上がり

セラミックの差し歯は、自然の歯の色や形に非常に近い仕上がりになります。特に、技術の進歩により、周囲の歯と見分けがつかないほどの自然な見た目を実現できるため、違和感なく使用できます。自然な見た目を重視する人にとって、セラミックは最適な選択肢となります。

5. 自己イメージの向上

美しい歯を手に入れることで、自信を持って笑顔を見せることができるようになります。これにより、自己イメージが向上し、社交的な場面や仕事においても積極的になれます。自己肯定感を高めるために、セラミックの差し歯を選ぶ人も多いです。

6. 美容やファッションの一環として

現代では、美容やファッションの一環として歯の美しさにこだわる人が増えています。美しい歯は全体の印象を大きく左右し、外見のトータルバランスを整える重要な要素とされています。そのため、美容やファッションに敏感な人々がセラミックの差し歯を選ぶことがあります。

真っ白いセラミックの差し歯を選ぶ理由は、美しい見た目、長期的な耐久性、健康的な口腔環境、自然な仕上がり、自己イメージの向上、美容やファッションの一環としてなど、さまざまです。これらの理由から、多くの人がセラミックの差し歯を選び、笑顔に自信を持つ生活を目指しています。

セラミック治療に必要な3つのポイント

セラミック治療を希望する方の多くは、見た目を良くしたいと考えておられます。セラミックを使えば真っ白で美しい歯になるというイメージがありますが、セラミックで美しい歯を作るには、重要なポイントがあります。

  1. 歯茎の調整
  2. 神経の治療
  3. 歯科技工士の技術

1. 歯茎の調整

歯茎のラインが左右で非対称になっている場合、そのままセラミックを入れても美しく見えません。例えば、右上の2番目の歯が少し内側に入り込んでいると、歯茎が被さって見えるため、小さな歯に見えてしまいます。歯茎のラインを整え、左右対称にすることで、歯の見た目が大きく改善されます。

2. 神経の治療

歯の根っこに膿がたまる「根尖性歯周炎」などの問題がある場合、まずこれを治療しなければなりません。通常の神経を抜く治療では完全に治らないこともあり、抜歯が必要になることもあります。

3. 歯科技工士の技術

セラミックを作る歯科技工士の技術も非常に重要です。ドクターが型取りをし、それを基に歯科技工士がセラミックの被せ物を作製します。この時、精密な型取りができていないと、美しいセラミックを作るのが難しくなります。仮歯を作って調整を加えながら、これを元に最終的なセラミックを作成することで、理想的な歯の形や色を実現します。

歯茎の調整を行う必要がある場合

セラミックの歯を入れる前に、歯茎の調整が必要な場合もあります。右上の2番目の歯が内側に入り込んでいる場合、歯茎が被さり、小さな歯に見えてしまいます。この状態でセラミックを入れても美しく見えません。歯茎を少し上に上げ、歯の角度を正常な状態に戻すことで、左右対称の美しい見た目を実現します。このように歯茎を美しく整える技術がなければ、セラミック治療は成功しません。

仮歯の期間について

仮歯を装着するのは、歯がない期間をなくすという意味もありますが、最終的なセラミックを作る前に見た目や噛み合わせを確認するためでもあります。この仮歯がうまく作られていないと、最終的なセラミックの歯も満足のいくものにはなりません。

仮歯がぴったり合っていない場合は仮歯を作り直し、患者さんのご希望に合わせて調整することで、最終的なセラミックの被せ物が理想的なものになります。

また、前歯のセラミック治療では歯茎のラインが整っていることも大切です。歯周病で歯茎に腫れがみられる場合は、仮歯を装着している間に、歯周病の治療を受けていただき、歯茎の腫れが改善してから、本番のセラミックの歯を作製します。

【動画】全部セラミックにしてGACKTみたいにしたい

まとめ

セラミック治療は、単に見た目を美しくするだけではなく、歯茎のラインの調整、神経治療、歯科技工士の技術といった多くの要素を考慮する必要があります。これらのポイントを押さえることで、セラミックで理想的な美しい歯が実現できます。セラミック治療を考えている方は、これらの点を十分に理解し、ドクターや歯科技工士と相談しながら治療を進めてください。

この記事の監修者
医療法人真摯会 クローバー歯科・矯正歯科 あべの天王寺院
院長 永井 伸人

徳島大学 歯学部卒業卒業。日本口腔インプラント学会。日本顎咬合学会。

▶プロフィールを見る

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック