審美歯科

審美歯科で銀歯を白い歯に変えれる?

審美歯科で銀歯を白い歯に変えれる?

クローバー歯科・矯正歯科 あべの天王寺院 歯科医師 永井 伸人

虫歯治療で何気なく保険適用の治療を受けたら、銀歯になってしまった方がおられます。銀歯は保険がきくので費用の負担が少ない反面、場所によっては目立つということもあり、銀歯を白い歯に変えたいという患者さんもおられますので、ご説明します。

銀歯の詰め物を白い歯に変える治療

銀歯の詰め物を白いセラミックに変える場合は、一旦、銀歯の詰め物を全て撤去し、更に少し歯を削ります。その後、型取りをして、セラミックの詰め物を作製します。

セラミックの詰め物が出来上がったら、歯に接着します。
※セラミックは保険のきかない自費診療です。

銀歯の被せ物を白い歯に変える治療

銀歯の被せ物を白いセラミックの被せ物に変える場合は、銀歯の被せ物を一旦取り除きます。セラミックで被せる場合は、歯を少し多めに削り、セラミックが割れにくくなるよう、厚みをもたせます。
その後、型取りをして、セラミックの被せ物を作製します。セラミックの被せ物が出来上がったら、歯に接着して噛み合わせの調整を行います。
※セラミックは保険のきかない自費診療です。

銀歯を白い歯に変える前に

既に治療済みの銀歯を白い詰め物・被せ物に変える場合は、銀歯を外したあと、少し削らなければなりません。神経のある歯を削った時に痛みが出た場合は、神経を取る処置をしなければならないこともあります。

歯を削ると、それだけ歯が脆くなりますので、出来るだけ削らないに越したことはありません。

二次虫歯などで治療が必要が場合以外で、単に銀歯を白くしたいために詰め物・被せ物を変える場合は、治療前に、歯を削る等のデメリットについての説明も受けるようにしましょう。

銀歯を白い歯にするメリットは?

銀歯は見た目の問題だけではなく、アレルギーの原因になります。
銀歯の表面から唾液によって金属がイオン化して溶け出し、小さな粒子となって流れ出ます。それらの物質は身体の中に蓄積されて、金属アレルギーとして症状が出る可能性があります。

金属アレルギーの症状は、皮膚がかゆくなったり、赤くなったりします。アレルギーの原因は様々ですが、銀歯は金属アレルギーの原因となります。

銀歯にもメリットはあるの?

銀歯の材質としての特徴は、強度があり、擦り減りが少なく、割れることがないという点です。金属なので薄く作れるので、歯をあまり削らなくても良いという利点もあります。

ただ、表面に汚れがつきやすいことと、歯と銀歯の間に隙間が出来やすい為に二次虫歯になりやすいという欠点があります。

まとめ

女性

審美歯科で詰め物や被せ物に使用される白い材料はセラミック、ジルコニアなどです。ジルコニアもセラミックの一種で、透明感があり自然な色調を出せることから、前歯の被せ物として人気があります。詰め物・被せ物のお悩みは、審美歯科にご相談下さい。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック