歯と口のトラブル

口が臭くなるのはどうして?口の中が原因?

口が臭くなるのはどうして?口の中が原因?

口臭は歯垢や入れ歯が原因で発生することが殆どです。虫歯や歯周病が原因の場合もあります。鼻・のど・肝臓疾患などの病気が原因の場合もあります。今回は病的口臭と呼ばれるものの中から、お口の中に原因があるものについてご説明していきます。

口臭の原因は口の中にある

口臭の原因の大部分はお口の中にあります。食べ物のカスが歯磨きで落としきれなくてその中に細菌が繁殖すると、硫黄化合物が発生します。硫黄化合物は悪臭を放つガスになり、口臭が発生します。

硫黄化合物は3種類あり、それぞれが独特な悪臭を放ちます。

  1. 卵が腐ったような臭い→硫化水素
  2. たまねぎが腐ったような臭い→メチルメルカプタン
  3. キャベツが腐ったような臭い→ジメチルサルファイド

硫化水素は温泉、火山など自然界のいろいろな場所で発生し、高濃度であれば毒ガス指定されている有毒なものです。ジメチルサルファイドは、生ごみが腐ったような嫌な臭いです。

メチルメルカプタンは、3つの中でも最もにおいが強い物質で、歯周病の方のお口の中はメチルメルカプタンの数値が高くなります。

歯周病には特有の悪臭がする

歯周病が進むにつれてと歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなっていき、そこに食べ物のカスがたまりやすくなります。やがて食べ物カスの中に細菌が繁殖し、硫黄化合物が出来て悪臭を発生させます。歯周病が更に悪化して歯根に膿がたまるようになると、膿の強烈なにおいになります。

舌苔とは?歯周病の人は舌が臭う

舌には舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起があります。そこに食べかすや細菌がたまると舌苔ができて白っぽくなります。

舌の表面は湿っていて温度が高いため、舌苔に細菌が多いと硫黄化合物ができやすくなり、においが発生します。口臭ケアのためには舌苔がたまっていないかにも気を付けなければならないのですが、「舌みがき」にも注意が必要です。

歯ブラシで舌の表面をゴシゴシこすると舌を傷つけてしまうことがあります。舌の細胞は味覚を感知する場所ですので、舌へのブラッシングは避けてうがいを丁寧に行いましょう。気になる場合は歯科での定期健診の時に歯科衛生士にお伝えください。

入れ歯のプラスチックの部分が臭う

入れ歯は毎日きれいに洗って装着しても、外すとにおいがついています。特にプラスチックの部分は吸水性が高いので汚れがたまりやすくなり、毎日洗っていてもなかなかにおいがなくなることはありません。毎晩入れ歯を外してきれいに洗い、入れ歯洗浄剤に浸けておくと除菌と消臭が出来、においが改善します。

歯垢と歯石が臭う

歯垢や歯石の中で細菌が繁殖することで、においが発生します。歯垢は歯の表面に付着する白くやわらかい物質で、細菌の塊です。食べ物のカスを栄養にして細菌は増殖していき、やがて時間が経つと歯垢は固い歯石になります。

歯垢が歯石になると歯ブラシでは落とすことが出来ません。歯石は表面がギザギザで細菌がつきやすく、更に細菌が増えていきます。歯石の中には歯周病菌も棲みつき、歯周病を悪化させます。歯垢や歯石が多くなると口臭がひどくなります。

まとめ

女性

お口の中が原因の口臭は、適切な口腔ケアでにおいがかなり改善します。口臭を気にしておられる方は、もしかしたらご自分のにおいを気にしすぎているかもしれません。自分ではにおっていると思っていても、実際には周囲の人は全く気付いていないということもあります。口臭に対する不安が強い方は、定期健診の際に歯科衛生士にお話しください。

クローバー歯科・矯正歯科あべの天王寺院

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック